2012年 シーズン終了にあたってのご挨拶

いつもご愛読ありがとうございます。

おかげさまでKOBE AWAY PRESS(仮)も3年目のシーズンを終えることができました。
2012年シーズンは、#16から#21までの全6号を発行し、本当に沢山の方に、
お受け取りいただきました。

2012年は、新加入の選手に期待に胸を膨らませつつスタートした春から、一転、その後は、大きな波を幾たびも越えていく波乱のシーズンとなりました。サポーターとしても、そのたびにやきもきし、期待し、時には落胆しという辛いシーズンとなりました。
選手・監督・クラブスタッフ・そして サポーター皆ベストを尽くし必死に戦った一年だったと思います。それでも届かないことはある。悔しいけれど、それが今の神戸の実力なんだろうと思います。

来季はJ2が戦いの場となります。2006年シーズンの忘れ物を獲りに行きましょう。

KOBE AWAY PRESS(仮)編集部も、来季は初めてのスタジアムが多くなります。
アウェイ観戦情報誌としての本領を発揮すべきシーズンとなると感じています。
より一層、皆様にお役にたつ、楽しんでいただける紙面を目指し、編集部一同がんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、快く配布を許可くださった各クラブのご担当者様。関係各所とのご調整下さった株式会社クリムゾンフットボールクラブの皆様(来住さん、いつも、本当にありがとうございます) 印刷費としてカンパをいただいた皆様。そして紙面をお受けとりいただいた皆様に深く感謝申し上げます。

KOBE AWAY PRESS(仮) 編集部一同

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: info   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">